労働組合契約は残業法に取って代わりますか?

米国の労働法は、連邦法および州法に準拠しています。連邦法は最低要件を定めていますが、州法はより大きな権利または保護を規定している場合があります。団体交渉協定は、労働条件および労働条件に影響を与える可能性があり、労働法に取って代わる可能性さえありますが、限られた状況でのみです。

残業法

公正労働基準法は、米国の賃金および時間に関する法律に適用されます。FLSAは連邦法ですが、一般的にすべての企業に適用されます(まれな例外が適用されます)。FLSAの下では、企業は、労働者が1週間に40時間以上働いている場合、労働者の通常の賃金の1.5倍に相当する時間外労働者の残業代を支払う必要があります。

団体交渉

団体交渉協定は、組合と雇用主の間の契約です。CBAの目標は、従業員に公正な賃金が支払われ、安全な環境で働くことを保証することです。CBAの一般的な規定は、雇用慣行、労働条件、賃金、紛争解決手順に対応しています。CBAの規定は、労働安全衛生法や公正労働基準法など、賃金と労働条件を対象とする州および連邦の規制と一致する場合があります。

CBAと残業

FLSAは、企業の1階の要件を提供します。企業は従業員に少なくとも連邦最低賃金、またはそれより高い場合は州の最低賃金を支払わなければならず、企業は連邦残業代を支払わなければなりません。CBAは、限られた状況で異なるレートを提供する場合があります。たとえば、CBAは、「残業」を週35時間以上の労働と定義する場合があります。従業員が36時間働いている場合、その従業員はCBAに記載されている残業代を支払わなければなりません。ただし、その残業代は、40時間を超えて行われる仕事にのみ適用されるため、必ずしも従業員の賃金の1.5倍である必要はありません。CBAのレートは、低くなることも高くなることもあります。

CBAとそれに取って代わる残業法

CBAは残業法に取って代わる可能性がありますが、それは非常に限られた状況でのみです。 CBAは、指定されたよりも低いレートを提供する場合がありますが、「残業」を1週間あたり40時間未満と定義している場合に限ります。さらに、CBAが異なるレートを提供している場合でも、企業は1週間に40時間を超える労働時間について、残業法に従って残業代を支払う必要があります。これらの制限にもかかわらず、CBAはより高い残業代を提供する可能性があります。