PCでAppleアプリケーションを実行する方法

一部のAppleソフトウェアアプリケーションには、AppleのPagesワードプロセッサやMicrosoft Wordなど、PCの世界に直接対応するものがあります。iMovieやGarageBandなどの他のものはそうではありません。これらのアプリケーションのいずれかを使用する必要があるが、Macコンピューターがない場合は、PCハードウェアで実行できます。

PCに仮想化ソフトウェアをインストールする

1

インストールディスクを挿入するか、仮想化アプリケーションをPCにダウンロードします。いくつかのオプションを利用できます。エンタープライズレベルの製品であるVMWareが最もよく知られており、十分にサポートされています。PearPCは、構成ファイルやその他の低レベルの技術パラメーターの変更に慣れているユーザーに最適なオープンソースオプションです。VirtualBoxは別のエンタープライズレベルの製品です。これにより、AppleのMac OSX Snow LeopardServerをPC上で実行できるようになります。

2

VMWareまたはVirtualBoxを選択した場合は、インストールウィザードを実行します。プロンプトに従って、Mac OSXのハードドライブに新しいパーティションを作成し、仮想化ソフトウェアを構成します。

3

その仮想化プログラムを使用することにした場合は、PearPC Webサイト(「参考文献」のリンク)の詳細な手順に従ってください。ソフトウェアと同様に、インストール手順は経験豊富なユーザーを対象としています。

Appleアプリケーションをインストールする

1

MacOSXブートディスクをオプティカルドライブに挿入します。仮想マシンを起動します。

2

画面の指示に従って、Macコンピュータの場合と同じように、仮想マシンにMacOSXをインストールします。

3

インストールプロセスが終了したら、仮想マシンを再起動します。

4

MacOSX内からAppleAppStoreを開きます。実行するAppleアプリケーションに移動し、購入またはダウンロードします。アプリケーションが自動的にインストールを開始します。