プロジェクター用にビデオファイルを設定する方法

より多くの聴衆向けのプレゼンテーションには、プロジェクターのより大きなディスプレイが必要です。プロジェクターを使用してビデオファイルを表示する企業の場合、最適な表示のためにファイルをビデオプレーヤーで構成する必要があることがよくあります。ビデオファイルを構成しても、ファイル自体は変更されません。使用されているプロジェクターによりよく一致するようにディスプレイの設定のみが変更されます。

1

プロジェクターをコンピューターに接続します。コンピューターのデスクトップ設定を変更して、プロジェクターを含むようにデスクトップを拡張します。デスクトップを右クリックして、「画面解像度」オプションを選択します。[複数のディスプレイ]選択の下にある[これらのディスプレイを拡張する]オプションを選択し、[OK]を押して、コンピューターのモニターとプロジェクターの両方を含む単一のディスプレイを作成します。

2

プレーヤーアイコンをダブルクリックして、ビデオファイルの表示に使用するビデオプレーヤーを起動します。プレーヤーをディスプレイのプロジェクター部分にドラッグします。これにより、ビデオの開始時に、プレーヤーがデスクトップのプロジェクターセクションにフルスクリーンモードで表示できるようになります。

3

プレーヤーの「ファイル」メニューを使用して、ビデオファイルをプレーヤーにロードします。

4

プレーヤーの「オプション」メニューに移動します。フルスクリーンモードでの再生を開始するようにプレーヤーを設定し、ビデオの再生中はプレーヤーのコントロールを非表示にします。

5

ビデオファイルのアスペクト比を維持するためのオプションを選択します。これにより、プレーヤーがファイルを拡大してワイドスクリーンディスプレイに合わせたり、ワイドスクリーンビデオファイルの端を切り取って標準のディスプレイプロジェクターに収めたりするのを防ぐことができます。

6

プロジェクターでビデオファイルを再生して、設定をテストします。ビデオの画質を調べます。プレーヤーのコントラストと明るさのコントロールを使用して、ビデオに必要な修正を加えてわかりやすくします。他の人のためにファイルを実行するときに将来使用するために行った変更を保存します。