音楽管理のためのマーケティング戦略

音楽事業は、いくつかの点で他の事業と何ら変わりはありません。一貫して音楽を販売し、アーティストに機会を与えるには、戦略的なマーケティング計画が必要です。ビジネスとアーティストの成功は、販売された音楽のユニット数に左右されます。お金はイベントで販売されたチケットからも得られますが、アーティストがイベントを行うほど、ファンや新しいファンがアーティストの音楽を購入する可能性が高くなります。

ライブイベントとコンサート

ライブイベントやコンサートは、音楽愛好家がアーティストやその音楽とつながり、交流できるため、アーティストにとって重要な機会です。イベントは音楽の販売も促進します。イベントを予約するときは、業界のイベントに加えて、ターゲットオーディエンスが参加するイベントを考慮してください。予算が許せば、地元の会場で独自のパフォーマンスの機会を作り、同じターゲットオーディエンスを共有するアーティストを招待してチケットの売り上げを増やしましょう。見本市、会議、フェスティバル、コンサートには、音楽や製品を販売するためのベンダーテーブルを購入できる機会があります。

ウェブサイト

アーティストの主なマーケティング戦略の1つは、Webサイトである必要があります。Webサイトでは、プレスリリース、Webコンテンツ、イベントカレンダー、ミュージックビデオ、オーディオダウンロード、アーティストのプロの写真、アーティストからのブログ投稿など、さまざまな形式のコンテンツを使用してアーティストの音楽を宣伝できます。ウェブサイトには、メディア機能に役立つ、アーティスト向けのよく書かれたバイオおよびメディアキットも含まれている必要があります。音楽のダウンロードとサンプルは、アーティストの新旧の音楽の宣伝と販売に役立ちます。アーティストのウェブサイトには、イベントプロモーターや会議プランナーの予約情報も含める必要があります。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアプロファイルを作成すると、アーティストとファンベースがつながり、ファンがアーティストに関するコンテンツを共有できるようになります。ソーシャルメディアを使用して、アーティストの動画や画像を場所や舞台裏で共有します。ファンベースがアーティストと交流できるアーティストとのリアルタイムチャットを作成することで、オンラインイベントを作成できます。アーティストがファンに近づくほど、ファンの関心が高まり、バイラルプロモーションの機会が生まれます。言い換えれば、アーティストが常にフォロワーとつながっている場合、ソーシャルメディアコンテンツはそれ自体を複製することができます。アーティストのフォロワー数を増やすのに役立ちます。ソーシャルメディアは、アーティストが人生、音楽、個人的な興味についてのアイデアを伝えることができる場所です。

オンラインビデオ

ビデオは1980年代以来、音楽を販売するための効果的なマーケティング戦略でした。一般に、オンラインビデオは、あらゆる製品やサービスを宣伝および販売するための優れた方法です。動画は、アーティストのブランド、メッセージ、音楽の背後にある意味を親密で魅力的な方法で表現できます。ビデオコンテンツには、スタジオにいるアーティストの映像を含めて、彼らのライフスタイルの視点を与えることができます。ビデオコンテンツは、ビデオまたはビデオの音楽制作チームとの舞台裏のインタビューを特集することができます。これにより、ビデオまたは曲の「作成」の視点が得られます。