レストラン業界に影響を与える季節的要因

外食産業のビジネスは変動する可能性があります。顧客数は増加するか、安定したままであるか、または任意の数の要因に基づいて急降下する可能性があります。特に季節の変化は、レストラン業界のビジネスに影響を与える可能性があり、多くのレストランの所有者は、マーケティングキャンペーンを増やしたり増やしたり、在庫を減らしたり、スタッフのレベルを調整したりする必要があります。

季節の休日とレストラン

休日は、提供する食事の種類に応じて、レストランにとって勝ち負けの状況になる可能性があります。多くの高級施設は、季節の休暇や主要なイベントの期間中、最大60%もビジネスの衰退に気づいています。家族と過ごしたり、家で食事を作ったり、旅行やプレゼントにお金をかけたりするため、外食する可能性が低いお客様もいます。

ただし、一部の施設では、企業が毎年大規模なホリデーパーティーを開催し、一部のダイナーが特別なホリデーのお祝いに家族を連れ出すことを選択するため、売り上げが伸びています。常連客は買い物と他の休日の準備の間に簡単な食事をとる可能性が高いので、ファーストフードやカジュアルダイニングレストランも繁栄する可能性があります。

夏に繁栄

外食産業は夏や暖かい時期に繁栄する傾向があります。これは一部には多くの都市での観光客の増加によるものであり、気温が高いほど地元の人や訪問者は屋外に出かけるようになります。ホテル業界も観光シーズン中にビジネスの増加を見ているため、忙しいホテル内またはその周辺にあるレストランはビジネスの増加に気付く可能性があります。また、夏場には野外音楽やその他の楽しいエンターテインメントなどのイベントを開催するレストランもあり、集客や売上拡大につながる可能性があります。

冬の衰退

冬の間は、レストランの繁栄に悪影響を与える可能性があります。冬の寒い時期には、特に雪、氷、または氷点下の気温を扱っている場合、顧客は食事のためにレストランに行くことをあまり強いられないと感じるかもしれません。半分空のレストランと食品販売の減少を引き起こす顧客が少なくなります。対照的に、迅速な配達を提供するレストランでは、顧客が電話またはオンラインで注文して食事を自宅に配達できるため、ビジネスの流れが絶えず発生する可能性があります。

天候に関係のない季節の変化

すべての季節変化が天候に関連しているわけではありません。たとえば、大学の周辺にある都市や町には、学生とその家族に対応するビジネスがたくさんあります。レストランは、入居日や年末の卒業式を中心に売り上げが大幅に増加する可能性があります。学年度中、低コストの施設の売上高は安定しているはずですが、夏休みの月が来ると落ち込みます。

別のタイプの周期的変化は、経済の変動状態です。経済が好調なとき、人々は自分の裁量収入を外食に費やすのに少し自由を感じます。一方、景気が低迷する中、家庭での食事を選択する人が増えるにつれ、レストランの売上も落ち込みます。

季節の変化との戦い

一部のレストランのオーナーは、冬の間は売り上げが減少すると予想し、繁忙期にはそれを補うためにマーケティング活動を尽くします。ただし、オーナーは、繁忙期にレストランのビジネスと売上を増やすための措置を講じることができます。マーケティングキャンペーンは、季節的な衰退を制限する効果的な手段です。冬季や大休日にレストラン事業が衰退する傾向にある場合、レストランのオーナーはこれらの時期にスペシャルを提供することができ、それは顧客を引き付ける可能性があります。たとえば、レストランのオーナーは、2対1の食事、小切手の25%割引、無料の前菜、無料のデザートなどの取引を提供できます。会社は無料のアイテムを配ることでお金を失うかもしれませんが、クーポンはビジネスを誘惑し、最終的には収益を増やすのに役立ちます。