Microsoft OfficeXPを完全に削除する方法

Windowsの各バージョンにはプログラムをアンインストールする方法が含まれていますが、Microsoft OfficeXPには独自の削除ツールも含まれています。このツールは、システムからすべてのOfficeプログラムを削除し、保存されたドキュメントを残したまま、関連するファイル、ショートカット、およびレジストリエントリも削除します。アンインストール後に残る唯一のOfficeプログラムは、Webブラウザです。OfficeXPのブラウザであるInternetExplorer 5は10年以上前のものであり、ブラウザが自動的に更新されるとWindowsが上書きします。

1

OfficeXPインストールディスクをコンピュータのCDドライブに挿入します。

2

「マイコンピュータ」を開き、OfficeXPディスクのアイコンをダブルクリックします。「setup.exe」をダブルクリックして、ディスクのプログラムを実行します。

3

Microsoft Officeセットアップウィンドウの[Officeのアンインストール]オプションボタンをクリックし、[次へ]をクリックします。

4

確認ダイアログボックスで[はい]をクリックして、OfficeXPを完全に削除します。