合弁事業と合名会社の違い

パートナーを引き受けることで、中小企業に活力を与え、自分では得られないリソースを提供できます。しかし、パートナーシップはまた、あなたがビジネスの利益を共有しなければならないことを意味します。中小企業に利益をもたらすさまざまな種類のパートナーシップを検討して、自分に最適なパートナーシップを選択できるようにする必要があります。特に、合弁事業の一時的なパートナーシップが必要か、すべての事業活動の合名会社が必要かを検討してください。

合弁事業

あなたは合弁事業を結成し、期間限定で特定のプロジェクトに着手します。あなたと他のビジネスチームが協力して、あなただけでは追求できない機会を追求します。たとえば、ある会社がヨーロッパでうまくいく可能性のある製品を製造している場合、ヨーロッパですでに流通と連絡を取っている会社と提携して、新しいベンチャーからの利益を共有することができます。ベンチャーは、プロジェクトが利益を上げている間だけ続くでしょう。

合名会社

合名会社を結成する場合、その取り決めは永続的です。あなたは同意した割合でビジネスを共有し、両方のパートナーが会社全体のすべてのベンチャー、イニシアチブ、および製品開発の取り組みに関与するようになります。単にお金を投資するだけの受動的なパートナーを持つこともできますが、そのパートナーには、事業について問い合わせ、運営について異議を唱える権利があります。

合弁契約の要素

口頭での合意を通じて合弁事業を形成することも、その取り決めを紙に文書化することもできます。いずれにせよ、両当事者は、各当事者が所有するベンチャーの割合、利益の分割方法、各パートナーからの投資額、資産の分割方法、および各パートナーの責任について明確にする必要があります。

合名会社の要素

ゼネラルパートナーは、ベンチャーだけでなく、ビジネスの所有権を共有します。これには、事業用不動産、著作権、設備、在庫、車両が含まれます。パートナーは、税金と費用の責任も共有します。書面による合意なしに合名会社を結成することはできますが、契約は各パートナーの権利と責任を詳しく説明し、意見の不一致が生じた場合にあなたを保護することができます。あなたが書面による合意を持っておらず、あなたが定期的に誰かとビジネスをして利益を共有している場合、あなたがそれを一つと考えていなくても、その人はあなたがパートナーシップを持っていると主張することができます。