粗利益の意味

人が会社を経営している場合でも、投資を検討している場合でも、成長戦略について会社に助言している場合でも、粗利益を決定することは重要なステップです。この数値は、企業、その部門、およびその効率性の全体的な財務状態を明らかにすることができる数値と控除に関連しています。計算するのは簡単な数値ですが、重要性について誤解されたり見落とされたりすることがよくあります。

定義

会社の利益は、粗利益または純利益の2つの数値のいずれかを指します。粗利益は、総売上高から売上原価の合計を差し引いて計算されます。税金、借金、管理給与は考慮されていません。これらの費用は、純利益の計算に使用されます。粗利益は、効率を測定する粗利益(粗利益を売上で割ったもの)を計算するために不可欠です。ビジネスが財政難に陥る前に、粗利益率を高くし、利益と損失の割合を追跡して、マイナスの傾向を見つけることが重要です。

高グロス

粗利益の高い企業は、多くの場合、マーケティングと広告により多くを費やすことができます。これは、販売された商品やサービスを生産するためにリソースと才能を効率的に使用している経営陣を反映しています。総売上高が高いということは、財務状態が良好な企業であることを示しています。ソフトウェア産業のように、商品の原価が価格に対して低く、開発が純利益に考慮される特定の産業は、当然、より高い粗利益を持っています。

低グロス

粗利益率の低い企業は、財務状態が良好ではない可能性があります。これは、給与や税金の残額が少なすぎるため、事業を成長させるための研究開発ができないため、会社に問題があるか、問題があることを示しています。低い利益率で事業を行っている企業は、通常、市場が正当化する時期と場所でコストを顧客に転嫁します。

部門の比較

粗利益を見ると、会社はこれらの利益を会社の部門ごとに分類することができます。これは、ウィジェットAがウィジェットBよりも費用効果の高い製品であるかどうかを判断するのに役立ちます。これにより、企業は製造を継続する場所を分析したり、場合によってはコストを削減したりできます。これは、最も収益性の高い製品やサービスの研究開発やマーケティングで粗利益をどこに使うのが最善かを理解するために重要です。

クリエイティブファイナンス

粗利益と純利益の違いは、企業が会計において創造性を発揮する方法です。商品の作成や製造に直接関係しない給与やその他のコストを増やすことで、企業は投資家の支払いを減らすことができます。これは、利益を分散させるのではなく、開発と成長の違いを利用して将来に投資する若い企業によく見られます。