合名会社を形成することの税制上の利点

事業を始めるとき、あなたは4つの主要な構造から選ぶことができます:会社、有限責任会社、個人事業主とパートナーシップ。事業の納税義務は事業構造によって異なり、構造を選択する際の重要な考慮事項です。合名会社は、個人事業主と一緒に最も単純なタイプの事業構造であり、設定するために特別なフォームや料金を必要としません。ただし、合名会社は事業主に税制上の優遇措置をほとんど提供しません。

納税義務

合名会社は所得税を支払いません。ただし、合名会社の所有者またはパートナーはそうします。個人事業主や有限責任会社と同様に、パートナーシップはパススルー税エンティティです。これは、パートナーシップの利益と損失が事業主に波及することを意味します。事業主は、個人の確定申告で事業の収入のシェアを申告する必要があります。これにより、法人として構成された企業が対処しなければならない、所得の二重課税などの特定の税問題が回避されます。

合名会社と合資会社

合名会社に対する合資会社の主な利点は、合資会社のパートナーは、直接管理に関与していない限り、他のパートナーの債務に対する個人的な責任が限られていることです。ただし、カリフォルニアなどの特定の州では、合資会社は年間800ドルの税金を支払う必要があります。合名会社は年税を支払う必要はありません。

税の分配

パートナー間に特別な取り決めがない限り、内国歳入庁は税金を計算するときにすべてのパートナーを平等と見なします。これは、あなたが創設パートナーであるか、パートナーシップに金融資産を提供していない最近昇進したパートナーであるかにかかわらず、あなたは平等に課税されることを意味します。これは、新しいパートナーが加わったときに会社の課税対象資産のシェアが低下するのを見る既存のパートナーに税制上の利点を提供します。一方、パートナーになった場合は、会社の資産の共有所有権に対する付加価値税を考慮する必要があります。

推定税額

パートナーシップは、推定税額を計算したり支払ったりする必要はありません。これは、所得税の責任を負わないパススルーエンティティであることの自然な延長です。ただし、合名会社のパートナーは、状況によっては四半期ごとに見積もられた税金を支払う必要がある場合があります。たとえば、米国の居住者であり、1,000ドル以上の税金を支払う予定のパートナーは、四半期ごとに見積もられた税金を支払う必要があります。