非営利団体を運営するための税額控除

非営利団体として正式に認められるには、IRSと組織の法定居住地の両方に法人設立申請を行う必要があります。法人化の目的は、従来の事業として運営するのではなく、コミュニティサービスを提供することであると想定されているため、非営利団体に付与される免税ステータスに関して特別な法律が存在します。連邦レベルでは、非営利団体に関する税法はセクション501(c)(3)に記載されています。

州の所得税

州から非営利のステータスを付与された企業は、州の所得税を支払う必要はありません。管理者の給与や従業員の賃金や公共料金などの諸経費を支払うためにある程度の収入が見込まれますが、収入の一部は州レベルで課税されません。ただし、非営利の幹部は、広告やスポンサーシップなどの無関係な事業活動を通じて発生した所得に対して、報告して税金を支払う必要があることに注意する必要があります。

連邦所得税

州および地方レベルの非課税ステータスに加えて、非営利団体は所得に対して連邦税を支払う必要はありません。議員たちはずっと前に、コミュニティにサービスを提供することに関与する人々は、厳密に損益分岐点で運営することに同意することを前提として、ある程度の経済的余裕を与えるべきであると決定しました。必要なサービスの提供と関連費用の支払いに注意してください。

消費税

非営利組織の例としては、Goodwill組織の一部である全国各地にあるリサイクルショップのチェーンがあります。のれんは、小売店で販売する商品を通常は低価格で提供しており、販売されたものに対して消費税を徴収して納付する必要はありません。民間企業がよく知っているように、消費税の追跡と支払いは面倒な場合があるため、消費税を回避できることは大きなメリットです。

考慮事項

非営利団体は、その収益がまったく課税されないため、税額控除を請求する必要はありません-問題の所得が無関係の事業活動からのものでない限り。非営利団体の創設者と主催者は、政府の規制に違反したり、非営利団体のステータスが取り消されるリスクを冒したりしないように、慈善団体の運営ガイドラインをよく理解しておく必要があります。