生産量が増加すると限界収入はどうなりますか?

中小企業を含むあらゆる規模の企業は、特定の経済概念の基本的な理解から利益を得ることができます。需要と供給の基本的な概念を超えて、中小企業の所有者は、関連する概念、特に限界収益を理解する必要があります。限界収益を完全に理解することは、ビジネス内の意思決定者が生産の変化に関して情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

限界収入の基本

限界収入は、生産の増加に関連する潜在的な利益と結果を分析するのに役立つ経済概念です。具体的には、限界収益は、製品の追加ユニットを生産することから得られる追加の利益、または収益を測定します。これは、総収入の変化を数量の変化で割ったものに等しくなります。したがって、中小企業の所有者は、結果が収益に大きな影響を与える可能性があるため、限界収益に特に注意を払う必要があります。

完全競争

完全競争市場でのみ、限界収益はすべての生産レベルで製品の価格と等しくなります。完全競争市場は存在しません。これらは、エコノミストが理想的な状況と実際の市況の違いを測定するためのベンチマークとして機能します。完全競争市場では、企業はプライステイカーです。つまり、企業は特定の価格で売りたいものをすべて売ることができます。このため、追加の売上を促進するために値下げを行う必要はありません。

市場の違い

寡占、独占、独占競争などの他の市場タイプでは、生産が増加するにつれて限界収益が減少します。これは、製品に見られる従来の需要を超えて追加の売上を促進するために、価格の引き下げが必要になることが多いためです。価格が下がると総収入が減り、限界収入が減る。ある時点で、限界収益はゼロに近づき、マイナスになることさえあります。

考慮事項

限界費用は、限界収入の利点を分析するときに理解する必要があるもう1つの重要な概念です。企業は、限界収益と限界費用の両方に基づいて生産を決定する必要があります。理想的には、限界収入が限界費用と等しいときに利益が最大化されます。この時点で、会社は生産からすべての可能な利益を受け取り、収益の損失につながる状況を防いでいます。