財務諸表間の関係が重要なのはなぜですか?

企業は、キャッシュフロー計算書、貸借対照表、損益計算書の3種類の財務諸表を使用して、財務状況を判断します。これらの各ステートメントは、会社の財務状況に関する詳細情報を提供します。これは、すべてのステートメントを一緒に使用するとより正確になります。さらに、財務諸表を一緒に調べることは、将来の財政を前もって計画するためのツールを提供します。

キャッシュフローと損益計算書

キャッシュフロー計算書は、入金が企業内でどのように分配され、使われるかを追跡します。損益計算書は、資源の浪費を差し引いた後、会社がどれだけ引き込んでいるかを示しています。これら2つのドキュメント間の関係は単純です。会社が収入よりも多くを費やしている場合、事業主は損益計算書を調べて、収入が最適であるか、大量の廃棄物の影響を受けているかを確認する必要があります。生産が不十分だと、収入よりも無駄が大きくなり、運営に利用できる資金に影響を与える可能性があります。

月々の費用

会計年度の期間にわたってキャッシュフローと損益計算書を並べて配置する事業主は、会社内の予算がどのように変化したかを判断できます。たとえば、1年間のキャッシュフロー計算書は、企業が必要な経費や、オフィス用の新しいコンピューターやマネージャー用のレンタカーなどの豪華なアイテムに費やしている金額を示しています。キャッシュフロー計算書間の関係は、企業が利用可能な資金をどのように管理しているかをよく示しているため、重要です。

比較貸借対照表

比較貸借対照表は、数年にわたる企業の価値を示しています。総資産は、すべての資産と負債を合計して1つの大きな純資産を取得することによって計算されます。負債は、合計値について所有資産から差し引く必要があります。キャッシュフロー計算書および損益計算書で明らかにされた運用資金は、運用からの残りの利益が現金資産として分類されるため、すぐに総価値に影響を与える可能性があります。

将来の予測

貸借対照表、損益計算書、およびキャッシュフロー計算書はすべて、次の会計期間における企業の財務状況を予測する際に役割を果たします。負の純資産を示す貸借対照表は、負債の返済または資産の購入によって純資産を増やすという目標をマネージャーに与えます。キャッシュフロー計算書は、純資産目標のために資産を購入するための資金を確保するために予算を削減する場所を決定するために使用されます。損益計算書は、企業が現在毎月どのくらい稼いでいるかを示しており、経費と予算の管理に役割を果たしています。