参加型管理スタイルの弱点

参加型リーダーシップスタイルでは、特定のアクション、パス、またはプロセスの意思決定プロセスに労働者を関与させながら、自分自身の最終的な意思決定権限を保持します。このスタイルは他の従業員を巻き込むのに効果的ですが、すべてのリーダーシップのアプローチと同様に、特定の状況ではいくつかの欠点があります。

慎重なプロセス

他の人を意思決定に関与させることの主な欠点は、通常、意思決定と行動のプロセスが遅くなることです。期限を守るため、または機会を利用するために緊急の決定を下す必要がある場合、参加型管理はおそらく機能しません。通常、独裁的な決定を下して他の人に伝えるよりも、複数の意見を招待して話し合うのに時間がかかります。

希薄な専門知識

民主的なアプローチは、意思決定プロセスに含まれる専門知識の質を薄める可能性もあります。中小企業で最高の戦略的計画能力と専門知識を持っている場合、経験の浅い労働者からの意見を取り入れることは、視点の質を薄める可能性があります。マーケティングでは、エントリーレベルのコーディネーターとスペシャリストが重要な戦略決定において強力な発言権を持つことを可能にするマーケティングマネージャーは、彼女自身の経験と能力の強さを奪う可能性があります。

競合の可能性

問題や機会について複数の議論があるときはいつでも、対立が生じるリスクもあります。この点は、非常に意見の分かれる労働者がいる場合に特に当てはまります。参加型管理を継続的に使用すると、チームメンバー間の個人的な亀裂につながる可能性があります。他の人が自分の意見を故意に無視したり、反対したりしていると従業員が感じた場合、従業員はそれを個人的に受け止め、彼らとの交流を避けることができます。

参加力

参加型リーダーシップの適用を成功させる秘訣は、それがいつ最も効果的かを知ることです。すべての視点を分析する時間がある場所で決定を下すときは、さまざまな考えやアイデアを聞くことが役立つことがよくあります。場合によっては、労働者の視点に耳を傾けると、リーダーは考えを変えることになります。参加型リーダーシップを適時に使用することで、大きな間違いや労働者の士気に悪影響を与えることを回避できます。