従業員の生産とは何ですか?

従業員の生産とは、個々の従業員または企業内の従業員の集まりによって達成されたパフォーマンスまたは達成の量です。従業員の生産性が高いほど、組織にとっての価値が高くなり、より多くのお金を稼ぎ、社内で昇進する機会が増えます。

効率メトリクス

従業員の生産を評価するために、いくつかの効率指標が使用されます。効率は基本的に、一般的な従業員が特定の期間にどれだけ達成するかを調べます。販売では、1時間あたりの販売量を考慮することができます。1時間あたり100ドルを販売する人は、1時間あたり200ドルを販売する人よりも効率と生産性が低くなります。製造業では、1時間に8つのウィジェットを作成する従業員は、1時間に6つのウィジェットしか作成しない従業員よりも効率的で生産的です。

時間管理

通常、適切な時間管理は高効率につながります。ただし、効率は必ずしも適切な時間管理と同じではありません。時間管理は、特定の期間における従業員の生産の最適化に関連しています。たとえば、会社の見積もりでは、1時間あたり10ウィジェットの本番環境が必要になる場合があります。従業員は11を生産し、割り当てをわずかに超える可能性があり、高効率の特性を獲得する可能性があります。しかし、彼が日常的に仕事をやめたり、ワークステーションから離れたり、チャットしたりする場合、彼の時間管理は改善を使用する可能性があり、それは彼の生産をさらに高めるでしょう。

影響

従業員の生産は、会社の運営と費用対効果の主要な要素です。労働は、企業が負担する最も高価なコストの1つです。人件費からの投資収益率は、従業員の生産量に基づいています。従業員の生産性が最適化されると、企業はコストをより適切に管理でき、多くの場合、生産量または販売量が増加します。比較として、チェーン内の2つの店舗にそれぞれ20人の従業員がいて、1つは月に50,000ドル、もう1つは35,000ドルを販売している場合、ボリュームの大きい店舗は従業員ベースからより多くの販売生産性を獲得しています。

動機

会社の管理職の主な任務の1つは、従業員を高生産に向けて動機付けることです。インセンティブ報酬、報酬プログラム、賞賛は、より高いレベルの生産を推進するために使用される一般的な動機付けツールの1つです。企業はまた、最も才能のある労働者を雇用し、最も効果的かつ効率的な方法で仕事を遂行するように訓練することにより、全体的な生産性を高めることができます。