ソフトウェアライセンス証明書とは何ですか?

あなたが信じているかもしれないことに反して、ソフトウェアを購入することはあなたがそれを所有することを意味することはめったにありません。実際には、ソフトウェアはほとんどの場合、まだ会社または開発者に属しており、購入するのはソフトウェアライセンス証明書であり、これにより、ソフトウェアをインストールして使用する権利が付与されます。ソフトウェアライセンス証明書の条件に従わないと、ソフトウェアの海賊としてブランド化され、深刻な法的問題に陥る可能性があるため、これが何を意味し、その条件を遵守する方法を完全に理解することが重要です。

識別

ソフトウェアライセンスの制限は通常、著作権保護のあるソフトウェアに適用されますが、フリーまたはオープンソースソフトウェアには適用されません。著作権ソフトウェアが無料になることはめったになく、常にエンドユーザー契約が付随しているため、通常、この2つの違いを誤解することはありません。ほとんどの場合、その条件に同意するまで、ソフトウェアのインストールプロセスを開始することさえできません。ソフトウェアライセンス証明書は法的拘束力のある契約であり、これに従わないと問題が発生します。

事実

ライセンス証明書(ライセンス資格証明書と呼ばれることもあります)は、契約条件に関する情報を提供し、ソフトウェアのインストール中またはインストール後にライセンスキーをアクティブ化する方法を示します。多くは読みにくいですが、ほとんどの協定には多くの重要なポイントが含まれています。これらには、ソフトウェアをインストールできるコンピューターの数、頻度、ソフトウェアのコピーを作成できるかどうか、ソースコードを何らかの方法で確認および/または変更できるかどうか、再販できるかどうかに関する情報が含まれます。ソフトウェア。

タイプ

すべてのライセンス証明書が同じというわけではありません。一般的なカテゴリには、個人、マルチユーザー、およびネットワークのライセンス証明書が含まれます。通常、個別のライセンスでは、ネットワークの一部ではない単一のコンピューターにソフトウェアをインストールできます。各メーカーが許可するインストールの数は異なりますが、ソフトウェアをコピー、変更、または再販することはできません。マルチユーザーおよびネットワークライセンス証明書はより複雑で、多くの場合、製造元の販売代理店と購入前に交渉する条件が含まれます。

警告

ソフトウェア会社はソフトウェアライセンス証明書を真剣に受け止めています。違反を防ぐために、製造元は、特定の回数インストールした後のインストールの失敗や「コピーなし」コードなど、侵害を検出して阻止しようとするコードをソフトウェアに含めることがよくあります。ただし、ソフトウェアのコピーなどの違反を犯して捕まった場合、コピーしたタイトルごとに最大150,000ドルの罰金が科せられる可能性があります。その他の違反は、最高250,000ドルおよび/または5年の懲役の罰金につながる可能性があります。