販売手数料ポリシー

営業の専門家はビジネスの原動力です。よく考えられた販売手数料ポリシーを持つことは、雇用者と従業員の両方に明確な期待を設定することができます。適切なポリシーでは、コミッションを正確に獲得する時期を定義することもできます。優れたコミッション構造は従業員の前向きな動機付けになる可能性がありますが、個人の境界を尊重し、従業員の価値を明確に示し、従業員の信頼とサポートの雰囲気を作り出すなど、職場に他の動機付け要因を組み込むことも検討してください。

利点

販売手数料ポリシーを持つことの利点には、生産性の向上と従業員のモチベーションの向上が含まれます。これは、従業員の業績を認識して報酬を与える日常的な方法になる可能性があります。会社の観点からは、このポリシーは、獲得したコミッションの意味や支払いが雇用期間を超えているかどうかを明確にするなど、法的な問題で会社を保護することができます。

包含物

販売手数料の方針は、それを書いている会社と同じくらい多様です。ポリシーは、製品タイプ、地域、価格設定、および販売サイクルに応じてカスタマイズする必要があります。具体的で、測定可能で、達成可能で、現実的でタイムリーな目標を必ず検討してください。販売が終了したときに従業員に支払いを行うか、支払いを受け取ったときに従業員に支払いを行うかを決定します。これは、解雇方針を考慮して報酬をカバーするのに適した場所です。従業員が解雇された後にコミッションを支払うかどうかについて事前に明確なコミュニケーションがあれば、混乱が少なくなり、したがって苦情や訴訟が少なくなる可能性が低くなります。

考慮事項

コミッションのレベルは、製品の評価と、日次、週次、または月次ベースで達成された販売目標に基づくことができます。明確な目標と明確なコミュニケーションを持つことで、従業員のモチベーションが高まります。販売が終了したとき、または支払いを受け取ったときに従業員に支払いを行うかどうかを決定します。競合他社の方針に関する知識を活用し、検討します。優秀な人材を引き付けるための方針とビジネスを構築することが重要です。適切なスタッフが配置されていれば、ビジネスの成長が容易になります。非常に効果的でやる気のある販売手数料ポリシーの作成に苦労している場合は、専門のコンサルタントを雇うことを検討してください。ポリシーがスタッフのやる気を引き出すものであることを確認することが最も重要です。新しいポリシーを確実に有効にするための追加のステップは、設定された目標を達成できるように従業員を指導することです。

警告

販売手数料の支払いに関する州の法律と、従業員が解雇後に手数料を付与されるかどうかを知ってください。販売手数料のガイドラインが達成可能であることを確認します。そうでない場合、これはスタッフの士気をくじく可能性があります。ビジネスを保護していますが、ポリシーが従業員中心であり、スタッフの意欲を高め、明確なコミュニケーションを提供していることを確認してください。明確に表現されたガイドラインがなければ、紛争は法廷に持ち込まれる可能性があります。